松村昌直

保存刀剣 NBTHK Hozon Paper

No.A00314

(附) 黒石目地塗鞘脇指拵

白鞘  素銅一重時代ハバキ

\ 430,000 (税込)

刃長 : 47.6cm  (1尺5寸7分) 反り : 0.8cm  (2分強)

元幅 : 2.9cm 先幅 : 2.3cm 元重 : 0.6cm 先重 : 0.5cm

登録証

東京都教育委員会

昭和31年09月11日

: 肥後国 (熊本県)

時代 : 江戸時代後期 文政3年 1820年

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

保存刀剣鑑定書

平成20年01月28日

松村昌直

文政三年八月

形状

刃文

 

帽子

鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常に、反り浅くつき、中鋒となる。

小板目肌つみ、地沸厚くつき、処々叢となり、地景入る。

小互の目に少しく尖りごころの刃交じり、足入り、小沸つき、部分的に叢となり、砂流しかかる。

小さく乱れて小丸に返り、先掃きかける。

生ぶ、先入山、鑢目勝手下がり、目釘孔一。

 

縁頭

 

小柄

割笄

黒石目地塗鞘脇指拵 総長 : 70.2cm

木瓜形、素銅鑢地、両櫃孔仕立、無銘

高さ:5.6cm 幅:4.0cm 厚さ:0.5cm

竹皮柄巻。長さ:16.4cm

赤銅磨地、しぐれ鑢目無銘

高さ:3.9cm 幅:2.3cm

筆図、赤銅石目地、高彫、赤銅真鍮象嵌色絵、英次(花押) 縦:9.7cm 横:1.4cm

九曜紋図、赤銅磨地、しぐれ鑢目、銀象嵌、無銘 縦:18.3cm 横:0.95cm

説明

 松村昌直は肥後熊本の藩士で、名を英記といい、字を仲廉と称したといわれ、初め薩摩の伯耆守正幸の門に入り、のちに水心子正秀・山村綱広にも教えを受けたと云われている。刀剣の鑑識家としても当時から有名であったらしく、著書には「刀剣或問」などがある。彼の作刀には、天明から文化頃までの年紀のものがまま見られるが、現存する作品は比較的少ない。天保5年、70歳で没したと伝えられる。

 この脇指は、小板目肌がよくつみ、地沸が厚くついた鍛えに、互の目乱れに尖りごころの刃などを交えてやき、沸が厚くつき、荒めの沸を交え、砂流しがかかるなどの作柄で、一見して薩摩新々刀を想わせるものであるが、就中、茎仕立・銘振りなどは伯耆守正幸に近似しており、昌直が正幸の指導を受けていたことがわかる。茎の状態があまり良くないことが惜しまれるが、昌直の作品は比較的に少なく、刀身は健体であり、制作当時の黒石目地塗鞘脇指拵が附帯することも好ましい。

備考

新々刀 中上作。

 

研磨済。新規白鞘。

松村昌直1
松村昌直2
松村昌直3
松村昌直4
松村昌直5
松村昌直6
松村昌直7
松村昌直8
松村昌直9
松村昌直10
松村昌直11

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る