大刀剣市 カタログ掲載品
相州広正

特別保存刀剣 NBTHK Tokubetsu Hozon Paper

No.A00149

白鞘 本間薫山先生鞘書 金着二重ハバキ

鑑刀日々抄所載

      参 考 品

刃長 : 66.0cm  (2尺1寸8分) 反り : 2.0cm  (6分強)

元幅 : 2.9cm 先幅 : 2.1cm 元重 : 0.65cm 先重 : 0.45cm

登録証

東京都教育委員会

昭和37年01月11日

: 相模国 (神奈川県-中部・西部)

時代 : 室町時代中期 文明九年 1477年

鑑定書

(公)日本美術刀剣保存協会

特別保存刀剣鑑定書

平成19年07月03日

広正

文明九年

形状

 

 

刃文

 

帽子

彫物

 

鎬造、三ツ棟、身幅尋常に、重ねやや厚く、先反りつき、鎬筋高く、平肉豊かにつき、中鋒となる。

板目に、杢交じり、処々ながれ、肌立ちごころとなり、地沸つき、地景繁く入り、ハバキ元に淡く映りたつ。

中直刃、浅くのたれ、小足よく入り、小沸よくつき、物打ち辺一段と沸づき、金筋入り、砂流しさかんかかり、刃縁に二重刃、喰違刃など交える。

直ぐ調に小丸に短く返り、沸づき先よく掃きかける。

表裏に棒樋を丸留し、表はその下に鎬筋を中心に大振りの草の倶利伽羅、裏はハバキ元に梵字に蓮台を重ね彫りする。

生ぶ、茎短く舟形にて先栗尻、茎棟は丸、鑢目勝手下がり、目釘孔二。

説明

相州広正は、広光の一族といわれ、南北朝時代より室町時代中期にかけて同名が数代いると考えられ、文安・宝徳・長禄・文明頃の刀工が主に活躍した広正である。

直刃の刃文であるが、相州物の本流は、新藤五国光にはじまり、新藤五国広、行光、広光、正広、広正などの刀工には、直刃の作例があり、これが本流の証であるとの説がある。

本作は、健全であるばかりでなく、地鉄には地景がよく入り、刃文も直刃によく小沸がつき、金筋・砂流しなどの働きはさすがであり、「沸と地景と金筋」といわれる相州物の魅力を充分に発揮している。加えて、鏨の効いた相州彫による草の倶利伽羅も見応えがある。且つ、文明九年紀の製作年紀も貴重といえ、月日を省略し年のみを切るのも秋広より始まる相州物の特徴のひとつである。

備考

末古刀 上作。

気になるほどではありませんが、指表:ハバキ元、指裏:中程にわずかに小傷があります。

 

本間薫山先生鞘書

「相模国広正 文明九 刃長二尺一寸八分 昭和辛亥卯月 薫山誌(花押)」

 

鑑刀日々抄所載

「昭和46年4月21日

刀 銘 広正 文明九年

刃長2.18尺、孔2ヶ。末相州物には少ない直刃でよく沸づき、ほつれ・砂流し多く、帽子に掃掛かかるなどして大和物に紛れるが、さすがに金筋目立ち、鍛が板目やや肌立ち地景入り地沸つく。表裏に棒樋があり、その下表に草倶利伽羅、裏に梵字と蓮台があって倶利伽羅の様相に末相州風があり、三つ棟もこの国振を示している。船形の比較的に短い茎と丸棟にも末相州の見どころがある。」

相州広正1
相州広正2
相州広正3
相州広正5

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋のTOPページに戻る