近江守助直

特別保存刀剣 NBTHK Tokubetsu Hozon Paper

No. A00043

白鞘  金着一重時代ハバキ

     売 約 済

刃長 : 53.8cm  (1尺7寸7分) 反り : 1.2cm  (3分半)

元幅 :2.9cm 先幅 : 2.2cm 元重 : 0.7cm 先重 : 0.6cm

登録証

高知県教育委員会

昭和41年10月03日

: 摂津国 (大阪府-北西部・兵庫県-南東部)

時代 : 江戸時代中期 天和2年 1682年

鑑定書

(財)日本美術刀剣保存協会

特別保存刀剣鑑定書

平成16年02月09日

近江守高木住助直

天和二年二月

形状

 

 

刃文

 

帽子

約 1cm程の磨上げ、身幅尋常にて、重ねやや厚く、豊かに平肉つき、中鋒にて、頃合いに反りがある。

小板目肌よくつみ、地沸微塵に厚く敷き、地景入り、助広・助直の特色である美しい肌合いをなす。

直ぐに焼きだし、その上は大互の目乱れ、のたれ交じり、足入り、濤欄風となり、匂い深く小沸よくつき、明るく冴える。

直ぐに、小丸。

説明

近江守助直は、津田助広(2代)の門に学び、後にその妹婿になると伝えている。作風は師、助広の創始した濤欄乱れをよく継承し、匂が深く、小沸よくつき、匂口が明るく冴えるもので、中には助広に迫る作もある。

この作品の年、天和2年には、師の助広が歿しており、助直が一人の刀工として独立したての頃の作品で、さすがに力作である。一般的にも「高木住銘」のものに出来の優れたものが多いと言われている。

この脇指は磨上げながら、地刃は誠に健全にて、出来も典型作かつ優れた一振であります。

備考

新刀 上々作。

良業物。

近江守助直